インポ コラム

インポ治療薬は絶対ネットで買うな!大変なことになります。

更新日:

当サイトでは、病院で処方してもらう以外のインポ治療薬をおすすめしていません。
ネットで購入できる、インポ治療薬なんて、絶対に買わない方がいいです。

他サイトでは、頻繁に海外法人が運営している通販サイトでアフィリエイトをしているサイトがありますが、絶対にオススメいたしません。

「絶対に」とつけているのには、明確な理由があります。

  1. 効果の無い偽物を飲み、セックスに失敗すると更にインポが悪化する可能性もある。
  2. ネットで購入された40%のインポ治療薬が偽物
  3. 死亡事例や健康被害の報告がある

 

効果の無い偽物を飲み、セックスに失敗すると更にインポが悪化する可能性もある。

 

インポ治療薬を絶対オススメしない、理由の一つが症状の悪化です。

なぜかというと、既にご存じの方は多いかと思いますが、インポには大きく、器質性と心因性の2種類があります。

簡単に説明すると、器質性とは身体が原因で起こるインポ、心因性とは心が原因で発生するインポです。

インポについてよく調べた方なら、もうおわかりでしょう。
偽物インポ治療薬を飲むことの最大のデメリットは、偽物を飲むことで、期待した効果が得られず「またセックスに失敗することです」

インポ治療薬を飲んだのに、セックスに失敗することで次のような、感情が湧いてくると思います。

・インポ治療薬を飲んだのに、セックスに失敗してしまった
・インポ治療薬が効かないほどひどい症状なのか?
・本当に自分のインポは改善できるのか?

このようにインポ治療薬を飲んでも、セックスに失敗することで、
心因性のインポを悪化させる、または器質性のインポに心因性が加わり、
混合性(心因性+器質性)のもっとひどいインポになることもあるのです。

まず1つ目のリスクは、インポ治療薬を飲んだに、セックスに失敗すると、精神的なショックが加わりインポの症状を更に悪化させる可能性があることです。

 

ネットで購入された40%のインポ治療薬が偽物

 

40%の根拠は、正式にインポ治療薬を製造する、4つの製薬会社が調査会社に依頼し調査した結果です。

インターネットを通じ購入したインポの薬の40%が偽物ということがわかりました。

ただ製薬会社は、このような調査をするのは当たり前といえます。
それは、インターネットを通じて、安いインポ治療薬が浸透すると、製薬会社は儲けることが出来ません。だからこのような調査をしてると、鋭い人は思うかもしれません。

しかし、公的な機関(中立な立場である)である厚生労働省も次のように発表しております。

医薬品等の個人輸入は健康被害などの危険性があります。
個人輸入される医薬品等の品質、有効性及び安全性(以下「品質等」という。)については、我が国の医薬品医療機器等法に基づく確認がなされていません。
国によっては、医薬品等の品質等について、我が国と同じレベルでの確認が行われていないことがあります。

品質等の確認が行われていない医薬品等は、期待する効果が得られなかったり、人体に有害な物質が含まれている場合があります。不衛生な場所や方法で製造されたものかもしれません。

引用元:厚生労働省

偽インポ治療薬工場
→著作権の関係で、イメージ画像しか載せられませんが、下記の写真の様な劣悪な環境でインポ治療薬が作られ、摘発された事は、調べるとすぐ出てきます。

虚偽又は誇大な効能・効果、安全性などを標ぼうして販売等されている場合があります。
正規のメーカー品を偽った、偽造製品かもしれません。

引用元:厚生労働省

→あなたが見た、インポ治療薬輸入サイトに書いてある効果については、確実ではないということです。
さらに、バイアグラなどの、正規品のよなものでも、偽物である場合があります。

例えば、松居一代さんが、バイアグラ100mgを、夫の船越英一郎さんが服用していると暴露した件。このバイアグラ100mgというものは、国内では認可されていないものなのです。
もし、船越さんが本当に、服用されていたとしたら、海外から購入されていたものの可能性が高いです。さらに、バイアグラ300Mgというものも見かけますが、300mgというものは国内外に存在せずもし売っているサイトが有れば偽物の可能性が非常に高いです。

個人輸入される医薬品等は、効能・効果、用法・用量、使用上の注意等が外国語で記載されているため、一般に、記載内容を正確に理解することが困難です。
記載内容を正確に理解できたとしても、規制当局により認められていない効能・効果、用法・用量等が記載されていることがあります。また、その製品の使用によって起こり得る望ましくない作用(副作用)や成分・分量などが、きちんと記載されていないこともあります。

海外から個人輸入した医薬品の投与について、学会から注意喚起されているものがあります。

海外の規制当局により品質等が確認された医薬品等を、用法・用量等の記載内容を守って使用した場合でも、副作用等を生じることがあります。

引用元:厚生労働省

 

→薬には、用量・用法がありますが、それを守ったとしても副作用が生じる場合があるって、もうどうすればいいの…?

 

個人輸入された医薬品等については、医師、薬剤師等の専門家でも、その成分や作用等に関する十分な情報を有しておらず、副作用等に迅速に対応することが困難な場合があります。
医薬品については、その安全な使用を図るため、医師による診察、処方及び経過観察が必要とされているものがあります。
そのような医薬品を、医療機関を受診せずに安易に個人輸入して使用した場合、安全性が著しく損なわれます。

引用元:厚生労働省

→偽物のインポ治療薬を飲んで、身体に異変を感じ病院に言っても、迅速に対応してもらえない場合があるんですね。
劣悪な環境で、医者が想定してないような物質が体に入ると思うととても怖いですね。

日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品については、それを適正に使用したにもかかわらず重大な健康被害が生じた場合に、その救済を図る公的制度(医薬品副作用被害救済制度)があります。
しかし、個人輸入された医薬品による健康被害については救済対象となりません。

引用元:厚生労働省

 

このように、中立的な立場な厚生労働省もインターネットで海外から、医薬品を買うことの危険性を、各方面が注意喚起している内容が二つ目の、リスクです。

 

死亡事例や健康被害の報告がある

 

3つめのリスクが、死亡事例や健康被害の報告がある事。

これまで、紹介したやめたほうがいい理由2つを目にして、まだ海外で買おうとしている方はもういないと思いますが、トドメを刺そうと思います。

あなたは、インポ治療薬をネットで購入したがために死にたいですか?

【健康被害事例】
(シンガポール/2008年2~5月)
偽造ED治療薬やその他の漢方薬(いわゆる精力剤)3種を服用した患者で、低血糖による昏睡などの重篤な有害事象が発生しました。
2008年5月現在、確認患者数40人、疑いのある患者87人。うち4人死亡(そのうち2人が偽造ED治療薬による死亡)。

(日本国内)
2011年4月に、奈良県薬務課から、ED治療薬の偽造品を服用した男性が意識障害を起こし、病院に搬送されるという事例や、偽造ED治療薬服用との因果関係は明らかではないものの、呼吸困難等で病院に搬送され死亡に至った男性の衣服から偽造ED治療薬が見つかる事例が報告されました。

引用元:http://www.no-fake-drug.com/

上記で紹介させていただいたのは、数ある中でも症状が重い症例です。

例えば、インポ治療薬を飲んで、急に吐き気が現れたとします。
あなたは、インポ治療薬を飲んから、吐き気がしたことを、医者や友人に言えるでしょうか?家族が、インポ治療薬を飲んで死亡したとしてそれを周りに言えるでしょうか?

難しいと思います。このように明るみになっていないだけで、偽物の薬による、健康被害は、多くあると推測できます。

これが3つめのリスクです。

 

じゃあネット買う以外でどうすればいいの?

 

当サイトでは、一番のインポ改善法は専門医に行くこととしております。

当サイトも含め、インターネットの情報より専門医が診断してくださった通りに、治療することが一番正しいと思います。金銭的にも時間的にも余裕がある人は、専門医に行くことをおすすめしております。

ただ、製薬会社が作ったインポ治療薬は、1錠、1000~2000円と結構なお値段がしたり、
お医者さんとの相性が合わなかったり、通院するのが恥ずかしいという方もいるでしょう。

そんな方は、精力増強剤を飲むことでインポの対策をしましょう。

精力増強剤には次のようなメリットがあると思います。

 

・製造元が日本であることがほとんど

・インポ以外にも効果がある

・もし見つかったときにごまかせる

当サイトオススメの治療薬については下記にて紹介しています。

 まとめ

偽のインポ治療薬の危険性は、わかって頂けたでしょうか?
あなたがインポ治療薬をネットで購入しないことを祈るばかりです。

まず、童貞のときからインポ治療薬を飲むことはあまりないと思います。
一度失敗している人、これからの初エッチが不安な人は、専門医に行く、または精力増強剤で対策しましょう。

以上、死にたいの?ED治療薬は絶対ネットで買うな。でした。

 

 

 

 

 

もしここまで読んでそれでも、絶対ネットで買うぞ!という勇者のみ読み進めてください。

 

 

 

 

 

最後まで、読んでも絶対ネットで買うぞ!という勇者の皆さんに、偽物が多い中で少しでも安全に購入できるように、
ポイントを当サイトなりにまとめました。参考までに読み進めてください。

大事だと思うのは次の3点。

  1. 日本法人 or 外国法人?特商法の表記を見る
  2. 設立年数を見る
  3. 口コミ・評判を検索する

 

日本法人 or 外国法人?特商法の表記を見る

 

ここがいちばん大事なポイントだと思います。

インターネットには、国の境界線がないために、海外にいながら日本でビジネスすることが可能です。

国内法人と国外法人の何が違うのでしょうか?

口コミ・評判を検索する

海外法人の場合

日本法人の会社は、日本のさまざまな規則に縛られています。
そのため、規制の緩やかな国で法人を設立しビジネスすることができるのです。

日本法人の場合

日本法人の会社は、日本のさまざまな規則に縛られています。
日本法人の場合、日本国が定めた薬事法などの諸規定を守った、安全な運営をしていると、見ることができます。

海外法人だから悪いというわけではありませんが、
私だったら、日本の厳しい規制を遵守している、日本法人を選びます。

設立年数を見る

例えば、当サイトだとサイトの下の方に、【©Copyright2017 インポ改善ラボ.All Rights Reserved.】このような表記がありますよね。

やはり、上述したデータの通り、偽物や粗悪品を掴まされることがあるのは事実です。
その可能性を減らすために私が、重視したほうが良いと考えたのが、設立年数です。

なぜかというと、例えば、「A社」が、偽造品を売っているとしましょう。すると、口コミ・評判が悪くなると思います。
そのようにして、評判が悪くなった「A社」が取る行動としては、一般的なことは社名を変えることです。

ゆえに、ずっと運営し続けた事実は信頼する根拠となるでしょう。

口コミ・評判を検索する

口コミを調べる事はやはり重要です。

口コミの調べ方としては、【屋号(店名)】+評判・口コミでググってみましょう。

そのときにキをつけるべきなのは、この2つ。

  1. 検索結果に、口コミや評判が1件も出てこない時。
  2. 検索結果が、効果がない、偽物との様に悪評が出てる時。

上記に3点をキをつけることで、
偽物をつかむリスクがすこしは減ると思います。

最後になりますが、
当サイトでは、病院で処方してもらう以外のインポ治療薬をおすすめしていません。
ネットで購入できる、インポ治療薬なんて、絶対に買わない方がいいです。

病院に通うのが、難しい方は精力剤で対策しましょう。

当サイト”おすすめ”対策サプリメント

【レッドドラゴン】

90日間全額返金保証付きが自信の証! 自成分「ランペップ」を配合しています。

さらに 【特許取得】も取得している独自の配合方法で3大成分「ランペップ+マカ+亜鉛」の力を最大限に引き出します。

【リザベリン】

遂に日本解禁!! リザベリン”は有効成分“100種類”を“27の特許技術”を用い 濃縮配合。業界最多!開発に約15年を要し、開発医師がその効果を自ら体験し世界91カ国から厳選された希少成分100種類しているのが魅力。

【クラチャイダムゴールド】

マカ超えの強力パワー!【クラチャイダムゴールド】 その成分含有量は、なんとあのマカを数倍も上回る。

原産国のタイでは、老若男女にクラチャイダムの根茎汁を千年以上も前から愛飲されており、代表的な食品として知らない人はいないくらい人気がある植物です。

-インポ, コラム

Copyright© インポ改善ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.